youtube2mp3 of “The great brain debate”

1861年 2人の科学者が ある「頭脳」明晰な議論を始めました 。 発話と記憶が人間の脳で どう処理されているのかについて 。

次のビデオでは、The great brain debateについて説明します。 youtube2mp3 tool使用して、ビデオを収集できます。

注意:ダウンロードビデオとmp3は、バージョン所有者によってライセンスされ、研究と研究のみに使用され、商用利用と配布には使用されません。

The great brain debate

2人は反対の考えを持っていたのです 。 エルネスト?オーベルタンは 局在モデルを唱え 。 ある1つの特定の領野が 。

個別のプロセスを担うと主張し 。 ピエール?グラチオレは反対に 分散モデル―つまり 。 これらの様々な機能を果たすために 。

いくつもの領野が 連携して働くと主張しました 。 この議論は 当時の偉大な科学者を巻き込み 。 そのあと世紀を通じて 繰り返し論じられました 。 オーベルタンと彼の局在モデルには 著名な科学者達が賛同していました 。

17世紀 ルネ?デカルトは 。 自由意志と人間の魂の質を 松果腺に帰するものとしました 。 18世紀後半には若き学生 フランツ?ヨーゼフ?ガルが 。 クラスの中で最も記憶力の良い学生が 視力も優れていることに気づき 。

それは各機能を担う 脳の隣接した部位が 。 高度に発達しているためだと 結論付けました 。 医者としてガルは骨相学の研究を 確立する努力を続けました 。 骨相学とは 知的能力の高さは 領野の高度な発達と一致し 。

その部位は 頭蓋骨の隆起として 観察できるというものでした 。 19世紀初頭には この骨相学が拡がり 。 オーベルタンの局在論を有利にしました 。

しかしガルの問題は 特定の人について作成した脳地図が 。 全ての人に当てはまるかどうか 。 科学的な検証をしなかったことでした 。

1840年代 ピエール?フローレンスは 。 動物の脳の特定の部位を破壊して どの機能が失われたか観察することにより 。 骨相学に異論を唱えました 。 フローレンスは大脳皮質の損傷が 。

判断や運動一般を障害することを 突き止めましたが 。 個別の機能に関与する領野を 特定することは出来なかったことから 。 大脳皮質が全体として 脳機能を遂行すると結論付けました 。 フローレンスはグラチオレに 勝利をもたらしましたが 長くは続きませんでした 。

ガルの元教え子 ジャン?バティスト?ブイヨーは 。 発話障害の患者は全て 。 前頭葉に損傷があるということから 。

フローレンスの結論に異議を唱えました 。 1861年 ポール?ブローカが 。 言葉を理解できても 話せない患者の解剖をし 。

非常に局所的な 前頭葉の損傷を明らかにして 。 分散モデルの前途は絶望的となり 。 局在論が勢いづきました 。 1870年代にカール?ウェルニッケは 左の側頭葉と 。

会話の理解を結び付けました 。 次いで エドワルド?ヒッツィヒと グスタフ?フリッチュが 。 イヌの大脳皮質を刺激し 前頭葉域が 。

筋肉運動に関与することを発見しました 。 加えてデイヴィッド?フェリアーが 。 身体の部分的運動に関与する 大脳皮質の領域を地図化しました 。

1909年 コルビニアン?ブロードマンが 52に区分した大脳皮質地図を作りました 。 オーベルタンの局在モデルの勝利は 確実になったかのようでした 。 しかし神経学者カール?ウェルニッケが 興味深い論を立てました 。

発話と理解を担う各領野は 。 隣接していないため 。 それらにつながる領野を損傷すると 結果的に 。 今で言う 受容性失語症という言語障害に なる可能性があるという論です 。

ウェルニッケの 「コネクショニストモデル」は 。 単一領域の機能不全に起因するのではない障害を 説明するのに役立ちました 。 グラチオレやオーベルタン さらにウェルニッケが想像していたよりも 。 脳は遥かに複雑であることが 現代の神経科学の手法により明らかになっています 。

今日 海馬は2つの 別個の脳機能に 関与することが分かっています 。 記憶と 空間における位置の処理です 。 また現在測定できる結合は 2種類あります 。

隣接する2つの領野の 。 解剖的結合と 。 1つのプロセスを達成するために一緒に働く 。 別々の領野間の 機能的結合です 。

視覚のように 一見 基本的な機能も 。 実は多くのより小さな機能から成っていて 。 大脳皮質の異なる部位で 。 形?色?空間内の位置を扱っています 。

ある領域が機能不全に陥ると 対象を認知しても見えなかったり 。 その逆になったりします 。 事実と習慣的事柄とで 記憶の種類が異なりさえします 。 初めて自転車に 乗った時のような記憶には 。

様々な領野のネットワークが 関与します 。 例えば乗り物の概念や自転車の形 ベルの音 。 その記憶に伴う感情などの各々を扱う 異なる領野です 。 結局 グラチオレもオーベルタンも 両方正しいと判りました 。

どのように認知が起こるか理解するために 現在も両方のモデルが使われています 。 例えば現在は 脳の活動を 非常に細かい時間単位で測定できるため 。 想起という1つの行為を構成する 。

個々の局在的プロセスを 観察することができます 。 しかし異なるプロセスと 領野の統合によってこそ 。 私たちが経験する まとまった記憶が作り出されるのです 。

競合的と思われた理論が より包括的なモデルの 。 2つの側面であったと証明され 。 この知見が 今度は 脳を理解する科学技術と 。 科学技術と方法の改良に応じて 修正され洗練されていくのです 。

youtube2mp3 for video

これで、動画が気に入ったら、最高のyoutube2mp3ダウンローダーを使用して、youtubeから動画をダウンロードできます。 youtube2mp3のガイドも読むことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *