youtube2mp3 of “Diagnosing a zombie – Brain and body (Part one)”

(ゾンビが立てる音) (医者1)どうしてこうなったのかね? (医者2)私の所見ですが 肩の大きな噛みあとと何か関連があると思います 。

次のビデオでは、Diagnosing a zombie – Brain and body (Part one)について説明します。 youtube2mp3 tool使用して、ビデオを収集できます。

注意:ダウンロードビデオとmp3は、バージョン所有者によってライセンスされ、研究と研究のみに使用され、商用利用と配布には使用されません。

Diagnosing a zombie – Brain and body (Part one)

(医者1)ありがとう 行動障害の原因は何かね? (医者2)あらゆる行動は脳に起因します 。 おそろく脳内の何かが ひどく悪くなったのでしょう 。

(医者1) 分かりきった説明をありがとう 。 もっと具体的に聞こう 。 脳内で何が起こると こういう行動をとるのかね?

(医者2)えー それはですね 。 私が最初に着目したのは動き方です 。 硬直した脚 大股でぎこちなく とてもゆっくりで不器用な歩き方 。 パーキンソン病の症状に近いですね 。

大脳基底核に問題があるのでしょうか? これは 脳の深い所にある一連の部分で ドーパミンという― 。 神経系に作用する物質を通じて 動きを制御しています 。

多くの人はドーパミンを「幸せ」の 脳内化学物資であると考えていますが 。 パーキンソン病では大脳基底核の ドーパミン神経細胞が死滅し 。 それが この病を引き起こしています 。

動作を起こすことを ますます難しくしているのです 。 (医者1) はあ。 もう一度動き方を見てみたまえ 。

硬直した脚 大股 これはパーキンソン病の動きではないな 。 パーキンソン病の患者は小股で足を引きずって歩くし 姿勢も全然違う 。 小脳が損傷を受けた時に起こる 症状のように思えるが 。

小脳は奥深くにある小さなカリフララー型の 領域だが 大きさに惑わされてはいけない 。 この小さな小脳に脳全体の ニューロンの半数が集中している 。 脊髄小脳変性症などという― 。 小脳が退化した患者は 。

調整がうまく行かず 足が硬直し 大股でぎこちない歩き方になる 。 小脳が原因である方に賭けるね 。 (医者2)おみそれしました 運動障害の謎は解決しましたね 。 常時呻いていますが 上手く話せないのはどうでしょうか?

(医者1)うーん ブローカ失語症 (表現性失語症)のように聞こえるね 。 言葉にするのを難しくする病気だ 。 これは下前頭回 あるいは前島への 。

損傷が原因で起こる 。 両方とも頭の左側のこめかみの後ろにある 。 (医者2)でもそれだけではないでしょう ゾンビは話せないのはその通りですが 。

理解力があるとも思えません 。 これを見てください 「ヘイ ウォーカー! お前の親父はエルダーベリーの匂いがしたぞ!」 。 (笑)ね。

反応ないでしょう 。 モンティ?パイソンのファンでないのか 理解していないのか 。 流暢に話すウェルニッケ失語症と 言う所でしょうか 。 側頭部と頭頂部の2つの脳葉の 結合部分への損傷です 。

一般的に脳の左側で起こります 。 この領域は先ほど言われたプローカの領域と 弓状束という大量の神経線維の束が 。 物理的に繋がっています 。

私はこの大量の束が ゾンビでは 完全に破壊されているとの仮説を立てています 。 まるで2つの都市の間の 高速道路が破壊されたみたいに 。 製品を作る都市と 。 世界に向けてその製品を 出荷するもう一方の都市 。

高速道路がないと 製品の流通は中断します 。 (医者1)基本的にゾンビに言って 聞かせるのは問題だな 。 理解することも 返事をすることもできないのだから 。 (医者2)(笑) 試すなら止めませんが 私はガラスのこちら側からで十分です 。

youtube2mp3 for video

これで、動画が気に入ったら、最高のyoutube2mp3ダウンローダーを使用して、youtubeから動画をダウンロードできます。 youtube2mp3のガイドも読むことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *